【Vege Rich(ベジリッチ)×Goo Goo Foo】メカジキとアボガドのシナモンバジル・オーブン焼きのレシピとは?

【Vege Rich(ベジリッチ)×Goo Goo Foo】メカジキとアボガドのシナモンバジル・オーブン焼きのレシピとは?

みなさんこんにちは!googoofoo編集部です。

【Vege Rich(ベジリッチ)×Goo Goo Foo】のコラボ企画、Vege Richの美味しい野菜を使ったレシピをご紹介します。

 

今回、日本と世界の「シンプルで美味しい料理」をお届けする堀池美由紀シェフが作るのは、ハーブを使ったメカジキとアボガドのシナモンバジル・オーブン焼きです。

 

メカジキはスーパーなどでも手に入りやすく、照り焼きやソテーなど、色々な調理法が楽しめるお魚です。和風にも洋風にもアレンジ可能なので、夕食のおかずのメインデッシュとして重宝します。

 

じっくり加熱するオーブン焼きは、旨味を閉じ込め素材がパサつきにくい調理方法です。あっさりした味わいのメカジキと、アボカドの濃厚なクリーミーさがとても良く合います。簡単なのに、ご馳走見えする一品です。

 

今回は使うお野菜はこちら!

 

 

 

ベジリッチのシナモンバジルとは?

シナモンのような香りが特徴のバジルです。スイートバジルよりやや小ぶりな葉をしています。若葉を収穫しているので、葉がとても柔らかいです。

 

シナモンバジル

 

シナモンバジルの茎や葉は紫がかった緑色をしていて、イタリア料理にはもちろんのこと、カレーのトッピングやサラダのアクセントや、そのままお茶で飲むのもオススメです。

 

では、メカジキとアボガドのシナモンバジル・オーブン焼きの作り方を見ていきましょう。

 

 

 

メカジキとアボガドのシナモンバジル・オーブン焼きの材料(2人分)

【調理時間の目安】20分

 

材料
メカジキの切り身 70g
アボガド 1/2個
トマト 1/2個
シナモンバジルの葉 4枚
塩、黒こしょう 各適量
<飾り用>シナモンバジルの葉 2枚

 

 

材料<シナモンバジル・パン粉>
A:シナモンバジルの葉(みじん切り) 8枚
A:パン粉 大さじ4
A:ドライトマト(みじん切り) 2枚
A:ベーコン(みじん切り) 1枚
A:にんにく(みじん切り) 1片分
A:塩 小さじ1/4
A:黒こしょう 小さじ1/8
A:オリーブオイル 大さじ2

 

 

 

メカジキとアボガドのシナモンバジル・オーブン焼きの作り方

 

1.メカジキは8mmほどの厚さにそぎ切りして、塩、黒こしょうをする。アボガドは半分に割り、8枚にスライスする。トマトは半分に割り、幅1cmにスライスする。

 

2.<シナモンバジル・パン粉>全ての材料を混ぜ合わせる。

 

3.耐熱皿に薄くオリーブオイルを塗り(分量外)、アボガド、トマト、シナモンバジルの葉、メカジキの切り身の順に載せ、上にシナモンバジル・パン粉を載せる。

 

4.180度のオーブンで10〜12分焼く。

 

5.飾り付けに、シナモンバジルの葉を上に載せる。

 

 

 

レシピのポイント

 

シナモンバジルオーブン焼き

 

シナモンバジルの風味を残すために、パン粉に混ぜて白身魚と焼きました。魚は、あじやいわしに変えてもいいです。魚の臭みを、シナモンバジルの香りが消してくれるため、とても美味しく召し上がることが出来ます。

 

 

 

今回のレシピはこちらでも見ることができます。

 

 

CONTACT

フードビジネスに関するお悩みは、お気軽にご相談ください。