【Vege Rich(ベジリッチ)×Goo Goo Foo】ダークオパールバジルとサーモンの生春巻き

【Vege Rich(ベジリッチ)×Goo Goo Foo】ダークオパールバジルとサーモンの生春巻き

みなさんこんにちは!googoofoo編集部です。

【Vege Rich(ベジリッチ)×Goo Goo Foo】のコラボ企画、Vege Richの美味しい野菜を使ったレシピをご紹介します。

 

今回は、いい夫婦の日に合わせて、記念日メニューにぴったりのフランス家庭料理研究家の竹本ともこシェフが作る「ダークオパールバジルとサーモンの生春巻き」のレシピをご紹介します。11月22日はいい夫婦の日です。「11月22日=いいふうふ」と読める語呂合わせから、1985年に記念日として認定されました。夫婦のための記念日メニューとして、ダークオパールバジルとサーモンの生春巻きのメニューはいかがでしょうか?

 

ベトナム料理の生春巻きは、調理の手軽さとヘルシーさでフランスでも人気料理です。ライスペーパーから透けて見えるダークオパールバジルのかわいい葉っぱの形がポイントです。きれいに巻くコツは、レタスはできるだけ新鮮でシャキッとしたものを選ぶこと。パリッとした葉が内側から生春巻を押し広げて、ハリのある仕上がりになります。バルサミコ酢の甘酸っぱいソースでお召し上がりください。

 

ビールや白ワインなどお酒にもよく合いますので、前菜にオススメです。ヘルシーで美味しいおつまみとお酒で、たまにはご夫婦で水入らずの時間をお過ごし下さい。

 

今回は使うお野菜はこちら!

 

 

 

ベジリッチのダークオパールバジルとは?

今回使用する「ダークオパールバジル」はスイートバジルを改良した赤紫色をしたバジルで、スイートバジルよりもややマイルドな甘い香りです。赤紫色の特徴的な色をしているので、料理の彩りやピネガー漬けなどお楽しみいただけます。柔らかい若葉を収穫しているので、サラダとしてもお召し上がりいただけます。

 

 

では、ダークオパールバジルとサーモンの生春巻きの作り方を見ていきましょう。

 

 

 

ダークオパールバジルとサーモンの生春巻の材料

材料(生春巻き2〜3本分)
ダークオパールバジル 2枝
ライスペーパー 3枚
スモークサーモン(厚切りのもの) 3枚
クリームチーズ 100g
生クリーム 大さじ1
ディル 3枝
フリルレタス 大きな葉を6枚
紅芯大根(もしくは普通の大根) 適量
お好みでピンクペッパー、イクラ 各適量

 

材料(バルサミコソース)
バルサミコ酢 40ml
砂糖 小さじ1と1/2
少々

 

ダークオパールバジルとサーモンの生春巻きの作り方

1.<バルサミコソース>鍋にバルサミコ酢と砂糖を加え、弱火で加熱する。砂糖が溶けてとろりとしてきたら、塩を加えてお好みの塩加減に調える。

2.クリームチーズと生クリームを合わせてペースト状にする。

3.紅芯大根は細切りにする。

4.ライスペーパーを濡らしてまな板に広げ、ダークオパールバジル、フリルレタス、紅芯大根、スモークサーモン、2のクリームチーズペースト、ディルの順にサンドイッチ状に重ね、(お好みでピンクペッパーとイクラも加える)手前から巻いて適当な大きさに切る。

 

 

 

 

今回のレシピはこちらでも見ることができます。

 

今回の野菜はこちらで購入できます。

 

 

CONTACT

フードビジネスに関するお悩みは、お気軽にご相談ください。