【Vege Rich(ベジリッチ)×Goo Goo Foo】ヤングリーフと鶏とゴボウのコチュジャンサラダ

【Vege Rich(ベジリッチ)×Goo Goo Foo】ヤングリーフと鶏とゴボウのコチュジャンサラダ

みなさんこんにちは!googoofoo編集部です。

【Vege Rich(ベジリッチ)×Goo Goo Foo】のコラボ企画、Vege Richの美味しい野菜を使ったレシピをご紹介します。

 

今回は、栄養士/フードライフプランナーの平原あさみシェフが作る「ヤングリーフと鶏とゴボウのコチュジャンサラダ」のレシピをご紹介します。

 

コチュジャンは、朝鮮半島が発祥の唐辛子を加えて熟成させた発酵味噌です。粘り気があり、唐辛子の赤色をしています。米やもち米を麹で糖化させているので、辛いだけでなく甘みもあります。ビビンパにも欠かせない調味料です。

揚げゴボウをトッピングして食感のアクセントにしました。ごぼうには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれています。

 

コチュジャンだれで和えた唐揚げとヤングリーフを合わせたごちそうサラダです。たんぱく質やビタミン・ミネラルがとれ、パンチのある味でメイン料理にもぴったりです。

 

 

 

今回は使うお野菜はこちら!

 

 

 

ベジリッチのヤングリーフとは?

ヤングリーフWとは、リーフレタスのことです。リーフレタスとは、結球しないレタスのことで、葉肉が薄くやわらかで、栄養価も高く、ビタミンC、ビタミンEやカロテン、ミネラル分も豊富です。

 

ベジリッチのヤングリーフWは、厚みのある、やわらかい葉っぱが特徴です。葉先はふわふわ、茎はシャキシャキ、ふわっとした形で、鮮やかな黄緑色の葉はボリュームたっぷりです。生はもちろん、鍋や炒め物などでもおいしくお召し上がりいただけます。

 

 

では、ヤングリーフと鶏とゴボウのコチュジャンサラダの作り方をみていきましょう。

 

 

 

ヤングリーフと鶏とゴボウのコチュジャンサラダの材料

【調理時間の目安】15分

材料(2人分)
ヤングリーフ 1袋
鶏もも肉 1枚
大さじ1
しょうゆ 大さじ1/2
片栗粉 適量
長ねぎ 1/2本
ゴボウ 1/2本
揚げ油 適量

 

材料(A)
しょうゆ 大さじ1
コチュジャン 大さじ1
すりごま 大さじ1
砂糖 大さじ1
大さじ 1/2
ごま油 大さじ 1/2
おろしにんにく 小さじ 1/2
一味唐辛子 小さじ 1/2

 

ヤングリーフと鶏とゴボウのコチュジャンサラダの作り方

1.鶏もも肉は一口大に切り、酒・しょうゆを加えて10分ほどもみ込み、片栗粉をまぶす。ゴボウはよく洗って、ピーラーでリボン状に薄くスライスする。ヤングリーフは食べやすい大きさにちぎり、長ねぎは斜め薄切りにして5分ほど水さらしをする。

 

 

2.揚げ油を熱し、中温(170℃)でゴボウをカリッとするまで素揚げする。1の鶏肉を170度で時々返しながらカラッとするまで5〜6分ほど揚げる。

 

 

3.ボウルにAを合わせ、2の鶏肉を加えあえる。ヤングリーフ、長ねぎを加えてさっとあえ、器に盛る。

 

 

4.仕上げにゴボウの素揚げを飾って完成です。

 

 

調理のポイント

ゴボウを先に素揚げすることで、色よく仕上がります。

 

今回のレシピはこちらでも見ることができます。

 

今回の野菜はこちらで購入できます。

 

 

CONTACT

フードビジネスに関するお悩みは、お気軽にご相談ください。