日本ワイン放浪者「西一進」おすすめ!栃木県足利市『ココファームワイナリー』

日本ワイン放浪者「西一進」おすすめ!栃木県足利市『ココファームワイナリー』

日本ワイン放浪者、西一進です。

 

今回は、今回は栃木県足利市のココファームワイナリーを紹介します。

 

ココファームワイナリー

 

ココファームワイナリー

 

 

 

大人気の赤ワイン「陽はまた昇る」とは?

今回は、Bistro Chickで今、大人気の赤ワイン「陽はまた昇る」2016年をご紹介します。

 

昨今のコロナウィルスの影響の中、レストラン、テイクアウト(短期免許取得済み)において、元々にあるこのワインに込められたメッセージに共感し、お客様にこのワインをおすすめしています。

とても好評で、リピーターも多く、お礼を頂きます。

僕が作ったワインではないですし、恐縮するのですが。

作り手とお客様の心が繋がるような気がしてとても嬉しいです。

 

ココファームワイナリーより、名前の由来です。

「陽はまた昇る」 2011年 東日本大震災の年にリリースされました。山形・上山 長野・高山 栃木・足利など、東日本の葡萄で醸され、力強くまた優しさを兼ね備えたこのワイン。

 

赤ワイン「陽はまた昇る」

 

朝のこない夜はない、冬来たりなば春遠からじ。そのような万感の思いを込めています。

 

 

 

「陽はまた昇る」の美味しさの理由

まろやかな質感。口溶け感があります。

ブラックベリー、プルーンの果実味、アメリカンチェリーにような酸味を伴う甘みにビターカカオの苦味やハーブの清涼感も感じます。

タンニンはしっかりありますが、シルキーです。上品。

 

葡萄品種はタナとカベルネソービニヨンをつかい、力強さと優しさ。というこのワインのテーマをまさに表現しております。

しっかりと凝縮感とボディがありますがアルコールが12%と低い!これは収穫される葡萄の糖度、酸度が双方バランス良く高くないとできません!

タナ、カベルネソービニヨンは熟し辛い品種です。

農家の方々の努力の賜物であると。本当に尊敬いたします。

 

お料理に関しては、赤ワイン、タンニン。と聞くとお肉!となりますが、土感や綺麗な酸もあります。ご家庭での料理を選ばずに楽しんでもらえるワインです。

個人的にはお肉が入った根菜の煮込みにインゲンなど、食感、清涼感のある野菜が入った一皿が良い塩梅と思います。

 

 

 

今の時期にこそ飲みたいワイン

まだまだ見えない未来。でも「陽はまた昇る」。

明日への小さな楽しみや希望に思いを馳せながら、こちらのワインを楽しむ。

そんな思いで今回の記事を書きました。

 

もちろんBistro Chick麻布十番では、「日はまた昇る」をグラスでも提供しております。

緊急事態宣言も開け、店内も空けながら営業しております。

皆様のご来店をお待ちしております!

 

Bistro Chick ビストロチック麻布十番:https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13188201/

 

 

 

 

こちらも読みたい!日本ワインのおすすめ記事

 

富山県氷見市のワイナリー「SAYS FARM」

カタシモワイナリーのジャパニーズグラッパ

安曇野池田の日本ワイン

CONTACT

フードビジネスに関するお悩みは、お気軽にご相談ください。