【あなたと17の約束】有限会社エバグリーン×井上嘉文

【あなたと17の約束】有限会社エバグリーン×井上嘉文

1月末、COVID-19を発症した。

「オミクロンは重症化しないから大丈夫」

と考えている方がいたら、そんな生易しい病気ではないことをシェアしたい。
グルテンや食品添加物に簡単に反応する私だからこそ、ワクチンは0回接種だった。

しかし、この選択肢は誤りだと気がついた頃には後の祭り。私は、なかなかの重症化をした。
本日は、実際に発症したリアル体験と、こんな時代だからこそありがたい素敵な商品を“無添加”専門のプロデューサー視点で、推薦する。

 

 

喉の軽い痛みから、激痛&悪寒へ1日で変わる

「うっすら喉が痛くて咳があるな」とトランサミン錠剤を飲んで寝た前夜。
いつもの軽い風邪だと思っていた。
翌朝に目覚めると、体が重くて、異常に寒い…。熱を測ると、37.8度。

病院に行くことを決意。しかし、今は、熱が少しでもあると外来を拒否される病院がある。診療が曜日限定だったりと、診察を断られてしまうのだ。ニュースで見ていた医療現場の逼迫さを、身をもって自分事になった。ようやく見つけた内科で唾液検査をして、翌日には結果が出て、「陽性」判決だった。

2日目あたり、39.5度の高熱と悪寒が襲った。
カシミアのセーターの上にパーカーを羽織っても寒い。北方面への出張で大助かりしているUNIQLO様の「ヒートテック」も、病原体の内側から来る寒さには、どうやら機能しないようだ。普通の風邪ならば、たくさん服を着て、湿度を上げて、大量に汗をかいて寝る対処療法で、確実に熱は下がり始める。しかし、この方法が、今回ばかりはほぼ通用しなかった。私を蝕む病原菌の手ごわさを痛感していた。

水を飲むだけで、背中を強張らせる喉の痛み。食欲より痛みが勝り「OS-1」を頼った。咳と痰が一向に止まる気配がなくて、15秒に1度、驚くほどの咽りが襲う。

3日目、あまりにも咳がひどくて、担当医にLINEで相談。肺炎リスクがあるとのことで、入院を勧められて、即日入院となった。

まだ激しい咳を反動で、肋間神経痛が後遺症として残っている。1か月経過するのに、痛みが完全には消えておらず、腹筋の力だけでは、ベッドから起き上がれないでいる。

症状が治らない数日間では、改めて予防について、考えさせられた。
そんなとき、大切な沖縄の友人を思い出した。

 

 

瞬間除菌液『Dr.サポート』が、愛用品

 

 

この商品は、有限会社エバグリーンが販売している製品。

アルコールではなく【アルコールで殺菌しにくい菌を安全に除菌してくれる】という優れもの。国連(WHO)やFDAでも認定素材として使用されている。

実際に沖縄へ専門家講師として宣伝広告や動画撮影に訪れてから、ご縁ができた企業。ご一緒した大山部長のご厚意で、「もう二度とかかりませんように…」ということで、大量に送っていただけた。大変ありがたい。

では、なぜ【無添加】の専門家の私が紹介するのか?
それは、今の時代、そして私のように肌が弱い人にとってはなくてはならない素材である。理由は、肌にも環境にも優しい100%ナチュラル素材であるからだ。

 

 

お子様のうがい薬にも活用できるほどの優しい原料

 

 

この商品は、3~5倍に薄めて水で希釈すれば、うがい薬にもなるのだが、これは、アルコール消毒液では実現できないものである。また赤ちゃんの哺乳瓶や、おもちゃにも除菌として使うpH弱酸性の除菌液なのだ。HOCI(次亜塩素酸)厚生労働省認定の食品添加物。高濃度ミネラル配合だ。

 

 

自然素材でも除菌ができることの証明として

 

まず、除菌力として、一方、試験品に60秒間作用させた場合、ウイルス感染価は検出限界値(6.3TCID50/mL)以下となり、初期ウイルス感染価と比較して4.6桁以上の減少を示していたそうだ。(*1) アルコール除菌液の携帯の代わりに、私がこの製品に切り替えた理由が、肌に優しいけれど、しっかり除菌する点である。

この袋は詰め替え用として、販売されている。

 

 

肌のパッチテストのエビデンス

 

 

2種の閉鎖パッチテスト(24時間連続貼付)を行った結果、ほぼ水と同様の成分であることが証明されている。

つまり、肌が弱い人も、炎症を起こさない(かぶれるリスクが最小限)。*

 

 

 

コスメも自然派の人へ!「Island fresh」

 

 

お次も、有限会社エバグリーンの製品。沖縄産の素材がつまった、お肌うるおうスキンケアウォーター(化粧水)。

私は敏感肌の中でも、相当な敏感肌で市販のコスメが一切合わない。BBクリーム、ファンデーションは当然に使用が難しく、化粧水も肌荒れを起こしてしまう。そのため、外出時は紫外線対策のUVと保湿くらいしか施しようがない。つまり、“隠す”スキンケアも一切できないため、常にすっぴん(素肌)を美しく保つ努力が必要がある。

その点で、こちらの製品に出会ったときは、本当にうれしかった。沖縄らしく、シークワーサー果皮エキスが含まれていることで美白成分ノビレチンが配合している。乾燥する季節の潤いの必要なお肌には最適で、入院中の病院でも使っていたのだ。

ニンジン葉エキス、月桃花エキスなども配合。ミントやユーカリエキスを中心にブレンドしていて香りも爽やかで重くない。かんきつエキスのノビレチンも素肌を蘇らせると言われている。化学物質は一切使っていないので、市販のコスメが合わない方は試してみてほしい。

 

 

編集後期

 

 

1人部屋ではないので見知らぬ男性のコロナ患者と相部屋となり、シャワー、トイレも共有。24時間、軟禁状態だった。部屋から1歩も出ることが許されないので、精神的に苦痛であり、入院初日の夕食「キャベツの酢の物」を食べて、おでこに吹き出ものができた。

私のような食品添加物がNGな人間は、病院食はハードルが高い。病院では、食物アレルギーは聞かれても、添加物に対しては排除できないから聞いてこない。
隔離のホテルでは市販の弁当が出ると伺ったので、こちらも同様に厳しそうだ。

環境に耐え切れず、肺炎リスクも解消されていたため、途中で自宅療養に切り替えをした。見知らぬ患者と一緒にいる空間で、この食事で、私の病態を回復させることは遠回りだと考えたからだ。

医療従事者の皆様には感謝でしかない。しかし、日本の医療体制がどれだけ素晴らしいとしても、コロナウイルス感染症になって適応できない人間もいる。なおさら、気をつけないとならない。日々の消毒、そして免疫力を持続する規則正しい生活を心がけたい。

写真は、こちらも愛用している「ケアフレッシュ」。衣服のニオイや除菌をできる、化学物質が一切入らないデオドラントウォーターである。

 

(*1)一般財団法人北里環境科学センターの検査結果。初期ウイルス感染価3.5×105TCID50/mLのウイルス液を滅菌蒸留水(対照品)に60秒間作用させた場合、ウイルス感染価は3.0×105TCID50/mL

*取得時の年齢が20歳以上60歳以下の日本人男性および女性
被験者数 被験者数:20名
試験デザイン 閉鎖法パッチテスト(観察期間3日間)

 

CONTACT

フードビジネスに関するお悩みは、お気軽にご相談ください。