無添加食品プロデューサー「井上嘉文」が提案する【愛別町産ビーツ】のある暮らし

無添加食品プロデューサー「井上嘉文」が提案する【愛別町産ビーツ】のある暮らし

『ラップは書くことが9割。パフォーマンスが1割。』

引用:「ジブラの日本語ラップメソッド」/(著・ZEBRA)

 

上記のフレーズは「ビーツ」という野菜のラップをつくった北海道・愛別町の挑戦を私に連想させる。2019年7月、emotional tribeは北海道愛別町のビーツのラップと動画をプロデュースした。

 

人生で初めて作詞とレコーディングを経験した。やってみて、意外とすんなり言葉が浮かんだことに自分でも驚いた。それは、今思えば、関わるすべての人たちに明確に伝えたいメッセージがあったからだろう。

 

「ビーツと愛別町の魅力を世界中の人に知ってほしい」

この想いを、どうやって分かりやすく表現するか。歌詞づくりは新鮮で、仕事の移動中などに連想するイメージと近い音楽を聴きながら、韻を踏むための言葉選びに没頭した。

 

私は高校生の頃にブレイクダンス、大学生の頃はヒップホップダンスに明け暮れた。ニューヨークのスラム街で起きるギャング抗争、死、ドラッグと密接した生活とは程遠い、日本という世界一安全な国での“なんちゃってヒップホップ”を嗜んだ。

 

そのため、私のラップは、ZEBRA氏に言わせれば、“本物のヒップホップ”とは認められないかもしれない。それでも、9割…いや9割9分9厘の力をリリック(作詞)づくりに注いだと思う。裏を感じることのできる8ビートとリズム、ピッチにこだわって、ビーツのブレイクビーツは完成した。

 

「音作り」と「料理」は非常によく似ている。共通して、レシピどおりにつくることがゴールではなく、個性が映える。そして、最後の仕上げが重要となる。作曲はマスタリングという後作業により、音に“風味を加える”ことで劇的に変化するのだ。料理も食卓に並ぶ前の最後の仕上げが、その味わいを左右する点で相似している。

 

愛別町へ納品後、町の課長から「まぁ、85点ですかね」という評価をいただいた。残りの15点は自分でも薄々気がついている。歌詞づくりは、ビーツの火入れの方法のように奥深い。

 

「ビーツって、体に良いのだろうけど、調理法が分からないのよね」と、ある先輩の奥様が話していた。なるほど、市場に出回っても購入されることが少ないのは、そういう理由か。

 

それではemotional tribeが、愛別町で栽培されるビーツの魅力を紹介しよう。北海道愛別町産業振興課さまの全面協力により、ビーツとたくさん対峙した。

 

今月は、【愛別町産・ビーツ】のある暮らし。

Not only information, but also emotion.

 

 

 

ビーツはカブに見えるけど、実はホウレンソウ科!

 

ビーツは、カブ?それとも大根か?

 

実は、どちらでもない。

 

過去に北海道新聞の女性記者も誤って見出しを掲載したほどビーツの見た目は紛らわしいが、ビート(てんさい糖)とも同じ食べ物ではない。

 

ビーツは、テーブルビート(Table Beet)とも呼ばれ、ホウレンソウ科の仲間である。

 

ウクライナの伝統料理「ボルシチ」の紫色は、このビーツに起因する。基本的にはビーツの実を食すが、葉っぱも総菜にして提供する飲食店もある。

 

愛別町ビーツのラップでも歌われているが「火入れは皮付き調理がベスト」である。蒸すか、ローストをすると糖度がグっと高くなり、栄養素と風味が逃げないからだ。

 

さて、ここからはビーツを存分に楽しめるメニューを紹介していこう。

 

 

 

北海道・愛別町ビーツを存分に楽しめるメニュー8選

ビーツと豆乳カカオアイスのパフェ

ビーツと豆乳カカオアイスのパフェ

 

ビーツと豆乳カカオアイスのパフェは、朝食や運動前におすすめ。

 

ビーツは蒸かしてピューレ(滑らかになるまですり潰した状態)にする。あとは、飲むヨーグルトとアイスクリームにかければ、色鮮やかなビーツボウルが完成。

今回は、ココア味の豆乳アイスクリームを使ってみた。

 

愛別町産のビーツのブランド「Sweet Beets Box」は、甘さが特徴的。

 

生産者によると「愛別町のビーツは糖度が非常に高い品種を厳選しており、一般的に出回るビーツのデトロイト種よりも甘みが強い」という。納得!

 

 

 

ビーツときのこの汁なし味噌汁

ビーツときのこの汁なし味噌汁

 

「朝食は和食でしょ」もしくは「二日酔いなのだけれど今日も会食で飲まないといけない」という時には、胃腸に優しい、ビーツときのこの汁なし味噌汁がおすすめ。

 

愛別町は、北海道産きのこの80%もの栽培を誇る「きのこの里」で有名な町。

 

ビーツときのこを同時に使う料理はなかなか難しいと感じられるが、味噌汁であればコラボもしやすい。

 

紫色に変色してしまうスープは単独でいただき、煮込んだ具材だけを盛りつける。ネギや薬味を最後に入れて、完成。

 

 

 

時鮭・アスパラガス・ビーツの和え物

時鮭・アスパラガス・ビーツの和え物

 

「翌日に大事な日を控えており、フェイスラインを保ちたい」という時には、むくみを防止してくれるこの料理がおすすめ。

 

ビーツは蒸かし、枝豆とアスパラガスは素茹でする。あとは鮭をグリルして、和えるだけ。

 

塩分は鮭に含まれているので追加で塩を添加をしないことで、むくみ防止となる。ビーツはカリウムも豊富なので、塩分の排出を促してくれるため、一石二鳥か。

 

 

 

豚とラムの混浴温泉~ビーツチリソースを添えて~

豚とラムの混浴温泉~ビーツチリソースを添えて~

 

「運動後に疲れを感じる」「胃腸が弱っている」と感じる時には、疲労回復に効く、豚肉とラム肉~ビーツチリソースを添えて~がおすすめ。

 

桜もち豚ロースとラム肩ロースを蒸し、ビーツチリソースを添えて完成。油を使わずに調理ができるので、余分な脂肪分をカットできる。

 

豚肉に含まれるビタミンB1は、体内で糖質をエネルギーへ変換する際に必要となる栄養素で、疲労回復を促す効果がある。

 

ラムには、肝機能の正常に働かせるオルニチンが含まれており、脂肪分も少ないため、代謝を活性化させてくれる。

 

さらに、ビーツに含まれるポリフェノールの一種ベタシアニンにより、老化防止に効果があり、健康的なからだづくりを促してくれる。

 

 

 

ビーツの古代米 野菜カレー

ビーツの玄米カレー

 

ビーツと古代米 野菜カレーは「夏バテで食欲がない」「滋味深いカレーを自宅で食べたい」と感じる時に、ぜひ試していただきたいレシピ。

 

玄米、黒米、ビーツを一緒に炊き込み、老化防止に効く抗酸化力が滲み出た玄米ご飯をつくる。そこに、玉ねぎ、生姜、にんじん、じゃがいも、トウモロコシを煮込んだ野菜カレーをON。

 

固形ルウは使わずにスパイスと野菜のみでつくれば、グルテンフリーのカレーができる。

 

何度も何度も試作をしたけど、カレーって飽きない。夏休みだけ、事務所はカレー屋みたいな薫りだった。

 

カレー粉とビーツは、キッチンテーブルや衣類などに着色しやすいので、くれぐれも料理する際には気をつけてほしい。

 

 

 

黒かしわ鶏とビーツの炭火焼き

黒かしわ鶏とビーツの炭火焼き

 

「お世話になっている方に、背伸びをして料理をふるまいたい」

そんな時には、見た目も華やかな黒かしわ鳥とビーツの炭火焼きが、おすすめ。

 

蒸かしたビーツと鶏のモモ肉・ムネ肉などをローズマリーで香りをつけて、炭火焼きに。

 

鶏肉は岩塩のみで味つけをし、ビーツには味をつけないくらいが調度良い。

 

仕上げに、えごまシードを散りばめて、プチプチした食感をアクセントに。

 

 

 

広島県産あまに牛とビーツのロースト

広島県産あまに牛とビーツのロースト

 

肉好きの男子・女子の皆さんには、肉とビーツの相性の良さを愉しめるロースト料理をご紹介。

 

ビーツの料理をこれまでいろいろと試してきたが、ビーツの最大の特徴は「肉を選ばずに調理ができる」ことである。牛肉だけでなく、猪、鹿、鴨、カンガルー肉とも相性が良い。

 

肉の甘みと相まって、ビーツの個性が最大限に引き出されるのは、シンプルなローストなのかもしれない。

 

ピスタチオを散りばめてプレート全体の色彩を締めると、より鮮やかな仕上げに。

 

 

 

ビーツと安納芋のマッシュ

ビーツと安納芋のマッシュ

 

「夜にチョット甘いものが食べたいけど、白砂糖を摂りたくない」と感じる時には、ビーツと安納芋のマッシュで、砂糖不使用デザートを。

 

ビーツは蒸かし、安納芋の焼き芋と一緒にフードプロセッサ―にかけるだけ。

 

今回はトッピングにカカオ豆を乗せたが、レーズンでも色合いが良いだろう。

 

砂糖は一切使わない、ギルトフリースイーツの真骨頂か。

 

 

 

編集後記

 

「いろいろ奪うと、大人ができる」

これは、コピーライターの前田知巳さんがつくった、東芝EMIのキャッチコピー。

 

ビーツのコンテンツ企画を手掛けるまでの経緯は、このコピーに集約されている気がして、読み直したとき改めてグサリときた。

 

大人になると、新しい挑戦に怯える傾向がある。自分の限界を自らで創ろうとする。そのくせ「自分の人生、これでいいの?」と悶々とする場面が昔よりも一層と色濃くなって、疲れる。

 

常に新しいことが求められるのがプランナーという職業なのに、クライアントへの提案がマンネリ化しそうな自分に嫌気がさす。そんな心境が、令和4月の自分。正直、悩んでいた。

 

そんなとき、ある会食で私の考え方は一変する。顔合わせした女性は、紅白歌合戦などの番組を演出する企業のお偉いさん。その方は、ものの10分くらいの会話で、私の32年間の悩みを見透かしたようだった。

 

「人」を数多く見ている方の嗅覚には、本当に驚かされる。その演出家は「あなたは他人の目線を気にしないで、やりたいことを突き進めたらいい」と最後にアドバイスをくれた。

 

胃袋を殴られた気がした。私はその翌日に、ビーツのラップ動画の企画を愛別町に提案していた。

 

 

出典:youtubeチャンネル「DJ Dates」

 

 

「いろいろ奪うと、大人ができる」というコピー。大人はきっと、いろいろ奪われているのではなく、自ら何かを捨てているではないだろうか。

 

年齢を重ねて、心と体に負担をかけまいと「可能性」という大きな荷物を早めに降ろそうとする。失望した時に怖いから、荷物を降ろせば、姿勢を正して胸を張れる大人になれる。

 

でも、もしかすると、この解釈は言い訳かもしれない。何も奪われておらず、本当は置いてきただけかもしれない。「必要がない」と自戒して、年齢のせいにして、可能性という荷物を自らで道の途中に降ろしてきたにも関わらず「私、さっき置き引きに遭いました」って、いろいろ奪われた大人ぶる。

 

自分から選択肢を狭めているのに、「奪われた」という表現はそぐわないのではないか。

 

 

出典:youtubeチャンネル「DJ Dates」

 

 

幼少期、親からソルフェージュスクールに通わされて大嫌いになったピアノ。あのとき何でちゃんと通わなかったのだろうか。私は音符が読めず、コードを知らない。だから、動画を創ったあと、25年ぶりにピアノの体験レッスンに行った。作曲は仕事の幅を広げてくれそうだから。

 

どうやら私は、6歳で奪われたフリをして、置いてきた何かを見つけに引き返すことになりそうだ。

 

今回の執筆では、ビーツの生産者、関係者、PVに出演してくれた町の皆さん、大人とは何かを考えさせてくれた山村さんに感謝したい。

 

皆さんも、素直な「好き」を大切に。

emotional tribe代表 井上嘉文

#emotionaltable   #無添加食品プロデュース

 

 

大地の恵み「無添加の旨味エキス」キノコがもたらす得する話

 

【信州きのこ】のある暮らし

 

鮮度維持にかける思い「生しらす」の鮮度を保つ秘訣とは?

 

【泉州鮮魚・生しらす】のある暮らし

 

ADVERTISING
PROMOTION
企業・行政の方へ