【シンプルで美味しい料理vol3】みずみずしい食感!桃のカッペリーニ

【シンプルで美味しい料理vol3】みずみずしい食感!桃のカッペリーニ

こんにちは!

 

日本と世界の「シンプルで美味しい料理」をお届けする、旅する料理家、堀池美由紀です。

 

夏は果物が美味しい季節。店頭に並べられるスイカ、桃、梨などの色鮮やかな果物を眺めていると、ワクワクしますよね。

 

今回は、夏の果物の代名詞である「桃」を使った、みずみずしくもジューシーで美味しい「桃のカッペリーニ」のレシピをご紹介します。

 

旬の美味しい「桃」が店頭で手に入る夏の時期に、ぜひ一度お試しくださいね。一口食べたら清涼感が感じられ、暑さを一瞬でも忘れること間違いなしです。

 

 

 

みずみずしい食感!桃のカッペリーニ

桃のカッペリーニ

 

暑い季節には、冷製パスタが食べたくなりますよね。

 

桃のカッペリーニは、ジューシーなフルーツの食感を存分に楽しめる、清涼感のある一品です。

 

今回のレシピで使う冷製パスタは、一般的なパスタよりも麺の細い「カッペリーニ」がおすすめ。

 

カッペリーニは、直径約0.9~1.3㎜の非常に細いロングパスタの一種です。繊細な桃の味が引き立ち、淡泊なソースとの相性が抜群ですよ。

 

 

 

桃のカッペリーニの材料(2人前)

材料

 

材料
1個
アスパラガス 4本
カッペリーニ 150g
パルメザンチーズ(すりおろし) 大さじ1
ミントの葉 適量

 

ミントの葉は、お好みで加えてください。

 

 

 

調味料(2人前)

材料
顆粒チキンブイヨン 小さじ1
マヨネーズ 大さじ2
オリーブオイル 大さじ2
レモン汁 大さじ1~1.5
牛乳 大さじ4
小さじ1/2
黒コショウ 適量

 

 

 

桃のカッペリーニの作り方

 

桃とアスパラガスをカットする

下拵え

 

桃はアボガドと同じ切り方をする。凹に沿って包丁で一周切れ目を入れ、ひねって半分にする。皮をむき、種をのぞく。

 

桃の半分は1.5㎝角にカットし、残りの半分は1㎝幅のくし形に切る。

 

アスパラガスは斜め細切りにカットする。

 

 

 

カッペリーニとアスパラガスをゆで上げ、冷水でしめる

パスタボイル

 

カッペリーニは標準時間通りにゆでる。

 

アスパラガスはカッペリーニと同じ鍋に、最後の30秒加え、ゆでる。

 

 

アスパラ和え

 

ゆで上がったカッペリーニとアスパラガスを氷水で締め、ザルにあげ、キッチンタオルで水気をしっかり取る。

 

 

 

調味料と食材を混ぜる

調味料

 

ボウルに調味料を全て混ぜ合わせ、手順1の角切りの桃を混ぜる。

 

 

パスタと和える

 

さらに、手順2でゆでたカッペリーニとアスパラガスをさっと和える。

 

 

 

盛りつけて完成

完成品

 

器に手順3を盛り、パルメザンチーズを散らし、手順1のくし形にカットした桃を飾る。

 

ミントの葉をお好みで飾る。

 

 

 

堀池美由紀のワンポイントアドバイス

堀池美由紀

 

桃は調理前に冷蔵庫で冷やしておくと、清涼感をより味わうことができます。

 

今回はアスパラガスを使いましたが、生ハム、モッチェレラチーズ、キュウリのスライス、などと合わせても美味しいですよ。

 

キュウリを入れる場合は、水分が出てしまうため、キュウリに塩をふり、ぎゅっと絞ってから入れると、パスタが水っぽくなるのを抑えることができます。

 

冷製パスタはできれば、極細麺のカッペリーニをおすすめします。麺が素早く冷たくなり、ソースが和えやすいですよ。

 

 

 

サンフランシスコのマーケットを連想させる「夏の果実」

サンフランシスコの露店

 

「夏の果物」を想像して懐かしく思い出すのが、私がケータリングシェフとして働いていたサンフランシスコの風景です。

 

温帯に属する地中海性気候のサンフランシスコでは、夏を迎えると、たくさんのカラフルな果物がずらりとファーマーズ・マーケット(直売所)に並びます。

 

ファーマーズ・マーケットは、近郊の農家がその日の朝に採れた新鮮な果物を持ってくるので、熟れに熟れた、もうちょっとで腐る寸前の、甘~いものばかり。

 

その中でも特に美味しいのが、ストーンフルーツと呼ばれる、中に大きな石のように固い種子の入った、桃、ネクタリン、アプリコットといった果物です。

 

私のお気に入りは、日本の白桃と似た、ホワイトピーチ(ホワイトネクタリン)。サイズこそ小ぶりですが、マンゴーのようなねっとりとした甘い密と独特の香りがして、かぶりつくと、じゅわっと芳醇な汁が飛び出してきて、一度食べたら忘れられません!

 

そして値段がとっても安い! 1個が1~2ドルなので、袋に好きなだけ詰めて、持ち帰って、好きなだけかぶりつきます。

 

それでも余った桃は、ジャム、ピーチチャツネ(ペースト状の調味料)などの料理に展開します。「桃のカッペリーニ」もサンフランシスコで作っていたレシピの1つでした。

 

夏の果物はみずみずしくて甘く、季節感を感じることができる贅沢な食材です。ぜひ旬の桃を使って、今回ご紹介した「桃のカッペリーニ」を作ってみてくださいね。

 

 

暑い夏に最適!パクチー薫るエスニックそうめんはいかがでしょう?

 

パクチーたっぷり薬味薫るエスニックそうめん

 

冷静スープでさっぱりしませんか?

 

ミキサーで混ぜるだけ!冷製コーンスープ

ADVERTISING
PROMOTION
企業・行政の方へ