木村きく子


 

[肩書]
プラ削減と食料自給率向上をビジネスの手法で提案する環境オタク/ スーパーマーケットマニア

[プロフィール ]

東京学芸大学教育学部N類総合社会システム専攻卒業。幼少期は米国で過ごし、大学在学中は北欧スウェーデンに留学。卒業後、ベンチャー企業、音楽プロモーター、弁護士秘書などの経験を経て、出産に伴い子育てに専念すべく9年間専業主婦になる(家族構成:夫・子供小中学生2人・大型犬1匹)。36歳で社会復帰。地方の食品メーカー営業職に従事し、国内BtoB営業を始め、海外輸出事業に携わりグローバルなビジネス展開を目指してきた。

しかし、2020年のパンデミックの最中、「日本の一人当たりのプラスチックゴミ排出量は世界2位」「日本の食料自給率は37%」という数字に愕然。貿易がもたらす環境負荷にも疑問視を持ち、グローバルバンザイだった価値観から、ローカルで内需を整えることのほうが大切だと180度価値観が変わり、2021年SDGs環境目標に特化した営業支援・商品開発事業KANKIKUを独立開業。

サステナブル・エシカル・ゼロウェイストというようなかっこいい言葉ではなく、“エコフレンドリー”というちょっとダサい言葉で環境改善をビジネスの手法でアプローチ。 エコフレンドリーとは、環境にもやさしく、地域経済にもうれしい、という意味を持つ。 スーパーマーケット乱立地帯に住んでおり、日頃から10社ほどのスーパーマーケットを徹底リサーチする自称スーパーマーケットマニア。

屋号の由来:KANKIKU(環境に耳を傾ける・環境に効く・環境のきく子)当時8歳の娘が考案。

行動力と共感力が強み。多くの人を巻き込んでいき、会えば刺激と前向きなやる気をもらえる“起爆剤”のような人だ、と評される。

好きな言葉:”アノネ がんばんなくてもいいからさ 具体的に 動くことだね” (相田みつを) これまでの実績 長野県産有機原料の新ブランド味噌の販売戦略サポート (都内での味噌イベント&ポップアップ企画・展示会サポート、販路開拓等) 料理のプロとタッグを組んで米粉推進ワークショップ企画開催 海洋保全目的で養殖された横浜産こんぶの循環型サイクルプロジェクト参画(こんぶ生産団体→池袋妙法湯こんぶ湯→埼玉県入間市のお茶農家さんにこんぶを堆肥として繋ぐコーディネーター)

 

【木村きく子のLet’s SDGs ! 通信 vol.2】エコフレンドリーにキムチを買うことはできるのか?~プラスチック削減への模索~

STYLE&FOOD

木村きく子

【木村きく子のLet’s SDGs ! 通信 vol.2】エコフ.

【木村きく子のLet’s SDGs ! 通信 vol.1】環境にやさしく、日本経済も活性化、その両立を目指す!

STYLE&FOOD

木村きく子

【木村きく子のLet’s SDGs ! 通信 vol.1】環境に.

CONTACT

フードビジネスに関するお悩みは、お気軽にご相談ください。